August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

眼鏡が壊れてしまったときに提案する3つのこと

眼鏡を壊してしまいました。。。

 

 

このようにお越しになる方は多くいらっしゃいます。

 

型直しやネジの紛失などの程度でしたら、少少お待ちいただければ直ります。

 

しかし、折れてしまったり、破損してしまった場合だと直ぐにというわけにはいかないんですね。

 

 

そこで、提案させていただく3つのことがあります。

 

・修理工場に送る

特   徴:ロー付け、メッキなど

期   間:約1週間〜

値   段:¥5,400〜

デメリット:他の箇所が後に壊れることがある

      単純ロー付けだけだとカラーが剥げる

 

・パーツ交換

特   徴:壊れた個所のみ交換

期   間:2〜5日

値   段:パーツによって異なります

デメリット:在庫が無い事があります

 

・フレーム交換

特   徴:ご使用のレンズを活かして、レンズ(の大きさに)に合う新しいフレームに加工

期   間:即日(約2〜30分)

値   段:フレームよって異なります

デメリット:レンズの大きさに合わせるため、フレームの選択肢が狭まります

 

 

上記から選んでいただきます。

本日も、眼鏡を壊してしまった方がご来店され

上記のなかから3番目を選んでいただきました。

 

こんな具合です

壊れてしまった眼鏡

(壊れたしまった眼鏡の)レンズを活かしてフレームをご新調

 

他店で購入された眼鏡でも、対応できますので

 

お困りの方は、参考にしてください!

まとめてみました!

「ビリギャル」って言葉が流行っているみたいですね


掻い摘んで説明すると

 ビリギャルとは・・・学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

だそうです。



実話を、本にして累計販売数が100万部を超え映画化された作品も絶好調だとニュースでしりましたが、こういった

サクセスストーリーが人気を呼ぶんですね^^


さて、本日は当店で問い合わせの多い修理を中心とした内容で案内を作成しました


ご用命、お待ちしております♫

OZAKI


 

メガネのカラー塗装

神戸からのお客様で先日、修理を承っていたメガネが完成いたしました!


ご依頼をいただいたのは、20年前に当店でご購入いただいたメガネのカラーがはがれてきたので


どうにか直してほしいとのことでした。


話をすすめていくと、どうやら10月に控えたお嬢様の結婚式にこのメガネをかけて臨みたいと


いうことでした。


早速、修理は可能ですよとお応えしたのがこの件の顛末です。


では、どのように仕上がったのか「before」「after」で見てみましょう!

正面から
before
DSCN1952.jpg
after
DSCN2366.jpg

裏側から
before
DSCN1953.jpg
DSCN1958.jpg
after
DSCN2367.jpg

横側から
before
DSCN1957.jpg
DSCN1956.jpg
after
DSCN2369.jpg

いかがだったでしょうか?


新品のように生まれ変わりました。Iさんに喜んでいただけると嬉しいな〜


修理技術も進歩していて、前は不可能だったものが、可能になっていますので


一度、ご相談ください^^
OZAKI
 

柱時計

日本vsギリシャ、みました?


0-0の引き分けと・・・残念でしたね


でも、次があります!最後まで応援しましょう!!



さて、本日は紹介も込めて地元の由緒ある寺「専修坊」さまよりご依頼いただき、時計の修理を納めにいきました

ゼンマイ式の柱時計でしたら、大概は修理可能です^^


お困りの方は、当店にご相談くださいね♪


側面を見たら「贈・・昭和47年・・」とあったのでかれこれ43年前の時計みたいですね


数十年たっても正確に時を刻むようになりましたよ
OZAKI

こんなことや、あんなこと

 今日のスタートは、こんなことからでした。



〜枠替え〜
DSCN1180.jpg
【枠替え】・・・・現在使っているメガネのフレームが破損した際に、入っていたレンズを活かして、別の枠に入れ替えること。レンズ代がかからない分、経済的。ですが、注意も必要、下記(※)をご参照ください。

※但し、目の距離・位置や光の入る位置、また掛かり具合そしてデザインにわたり、熟練された技術と豊富な経験が求められます。(大げさに言っているのではありませんよ)
ただ、単純にはめ込めばよいものでは決してありません。



次に
〜ガラスレンズ〜
DSCN1179.jpg
【ガラスレンズ】・・・・透明度が高く、耐熱性・耐傷性に優れています。ただし、素材上、重く割れやすい。また、プラスチックレンズに比べ拡張性に乏しい。レンズの割合は、プラスチックが圧倒。

このフレームは、お客さまが前のと同じものをご希望になり、決定しました^^ありがとうございます♪




次に
〜デンチ交換〜
DSCN1185.jpg
【デンチ交換】・・・国内ブランドは基本¥1,000-、舶来ブランドは基本¥1,500-です。
作業時間は、通常5〜10分。
防水時計で通常10〜15分です。


今回、持ち込みのDiorの時計は、舶来ブランドのため¥1,500-でした^^

ありがとうございました!




ここまで、とある日の一部をご紹介させていただきました。

また色々ご紹介させていただきますね♪

参考にしていただければ幸いです。


OZAKI

メガネ修理

 本日は、メガネの修理をご紹介します。

他店でお作りのメガネを持ちこまれて修理依頼をお受けいたしました。


【修理前】
P1020783.JPG
アラン・ミクリ A0147-08    左手破損



これを修理すると・・・・
【修理後】
DSC_1887.JPG
DSC_1892.JPG
DSC_1895.JPG
修理箇所がわからないくらいにキレイに修理できています。

気になるお値段ですが、
今回のお客様は通常の修理+αをご希望されたため、
レーザー修理+鼻パット交換+新品仕上げ
で、¥6,000−でした。
納期は、7日間かかりました。

通常の修理だけですと¥4,000〜からできますので、
修理のことでお困りの方は、一度ご来店くださいませ。見積りも可能ですよ!

OZAKI

充電中

 メーカーに修理に出す前に最終チェック
G-SHOCK.JPG
CASIO G-SHOCK  ソーラー電池+電波時計

メガネの修理

メガネの修理について、よくお問い合わせをいただきますので、ご案内させていただきます


今回のフレームは、
左側のリム(レンズが入る箇所)が破損しています
before1.JPG

拡大してみると
before2.JPG

このように壊れてしまうと”メガネを買い替えなければ”、っと判断してしまいますが

愛着のあるメガネを手放すのはさみしいものです
そこで上の写真にあるような場合ですと、

最新の【レーザー溶接】により

このように、きれいに直るんです
after1.JPG


拡大すると
after2.JPG

これで、また以前のようにご使用いただくことができます

気になる詳細ですが、今回の修理の場合で

修理期間:1週間
修理価格:¥5,000

です


修理期間や価格は、箇所や素材によって変わってきますので、お見積りさせていただきます

現在の修理技術は進歩していて、ほとんどの修理が可能ですので、
”今まで諦めていた方”や”ご存じなかった方”
には朗報ですね



1
pagetop